国保ヘルスアップ事業支援協議会より、最新のイベント情報やお知らせなどを随時アップ致します。

カテゴリー
<< 250人限定予約制での毛細血管観察 | main | 毛細血管観察ブローゴルフ毛細血管観察IN神戸 >>
毛細血管観察は未病の状態を可視化できます
JUGEMテーマ:健康

薬の副作用と同じように
便利にもリスクがあります

健康にいい習慣を身に着けて自立
した健康を手に入れましょう

明日は

浜松市北区細江町「みおつくしセンター」にて
17時から入場料を払えば誰でも参加できる
「息息(いきいき)健康教室」を開催いたします

人間の本来持っている感
「病気の始まりに気づく人間」を
取り戻し
ましょう


病気の始まりには
「小さな症状(体からの訴え・自分自身で感じること)」があります
☆不眠・冷え・肩こり・頭痛・便秘・下痢
しびれ・めまい・物がちらついて見えるなど 
こんな症状があっても自分だけは「大丈夫」と思っていたり いつものことだからとか 
忙しいからとかで見過ごしてはいませんかはてなマーク
まずは体(肉体)を休めてみてはいかがですかはてなマーク
次に 
ストレス解消は出来ていますかはてなマーク

いかがでしょうはてなマーク


そして 
そんな症状が2〜3日続くようなら

医師の診察を受けることも大事ですねビックリマーク

「中の症状」になると

医師が診断名を付けてくれますポイント。

高血圧症・高脂血症・高コレステロール血症糖尿病・
メタボリックシン
ドロームなどです

(その病名ではほとんどは即「死」にはならないが
心臓・脳・肺・血管などの病気のリスクが高くなることは知られています)


この状態になると薬との付き合い・医師との付き合いが長くなります
(医療機関へのリピーター)
「大の症状」は死亡の原因や死亡診断名になります
癌・心・肺・脳

循環器系疾患

ダウン  ダウン  ダウン

血液や血管の病気が多い

未病のうちに自分自身で異常に気づき
「未だ病にならず(未病)」から
健康状態に戻ってほしいものです

| ニュース・イベント | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokuhikenko21.jugem.jp/trackback/59
トラックバック

▲このページの先頭へ