国保ヘルスアップ事業支援協議会より、最新のイベント情報やお知らせなどを随時アップ致します。

カテゴリー
<< 毛細血管観察ブローゴルフ毛細血管観察IN神戸 | main | 東京のみなさん!!ブローゴルフですよ! >>
東京よりブローゴルフを!と依頼が来ました
JUGEMテーマ:健康

薬の副作用と同じように
便利にもリスクがあります

健康にいい習慣を身に着けて自立
した健康を手に入れましょう

 

私自身 初となる首都圏の高齢者とのふれあい活動です
詳細が確定しましたらまたご報告させていただきます

都会の方の呼吸機能と田舎の方の呼吸機能の違いを
感じている今日この頃です


浜松近郊でも市内中心部の高齢者のブローゴルフにおける「花矢の飛んで行く勢い」と
農村漁村山村地域の高齢者の「ブローゴルフの花矢が飛んで行く勢い」の違いが
少しあるように感じてきています

過疎地域の田舎の方が呼吸機能は優勢です


不便な生活を強いられている分 
自分で体を動かす機会が多い事が起因していると私は思います


都会では便利が氾濫していて身体を動かす機会が少なくなっています
だからこそ
カルチャーセンターや散歩などで
強制的に体を動かしているようにも見えます

ブローゴルフは大腿四頭筋・ふくらはぎ・腹筋
呼吸筋・口輪筋を
遊びながら動かします

肺機能検査の1秒量1秒率を高める運動と
しても納得がいくものですポイント。


この1秒量1秒率が低下してくると「COPD・慢性閉塞性肺疾患
(COPDは慢性気管支炎・肺気腫と呼ばれていた病気です) 
慢性気管支炎・肺気腫を含むCOPDはタバコによる気道や肺胞の炎症で生じ
肺の働きが低下していきます 
COPDになると正常な呼吸が困難になりせき・たん・息切れなどの症状が現われます」

| ニュース・イベント | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokuhikenko21.jugem.jp/trackback/61
トラックバック

▲このページの先頭へ